教育ローンとはなにか。またどうすれば利用できるのか。

教育ローンとは、その名の通り教育資金を目的としたローンのことです。教育ローンとは言いますが大きく分けて2種類あります。一つは、国の教育ローン、もう一つは民間の銀行などの教育ローンです。教育ローンとはというと後者の方を指すかもさしれません。教育ローンは、計画的に段取りを組まないとえらい目にあってしまいます。大学入試や高校入試では、合格してからお金を払う期限までほとんど余裕がないのが、特徴です。自己資金で対応できるなら、まだしも、そうでないかたには、大変迷惑な話で、その短い期間でローンを組んだり、諸手続をおえなければ、いけません。この期間がかなり短かったりするので、銀行ローンでは、あまり見ない支払い済みの資金でも対応してくれるところが多いです。要するに最初に自己資金で教育費を払ってしまってから、あとでその分のローンを借りるということも可能ということです。本来ならあまり有り得ない形態ですが、教育ローンでは許されていることが多いです。

甘い考えで教育ローンを利用してはいけない理由

審査に通れば早い段階で融資が可能な教育ローンは、親子共々の金銭感覚を麻痺させてしまう可能性があります。一気に支払が困難に思われていた大金が入るのですから、仕方のないことであると考えられるかもしれません。そのような甘い考えで教育ローンを利用していると、将来的に痛い目にあう確率が高くなります。自身で稼いだのではなく教育ローン制度を利用して得たお金なので、有り難みを感じられずに返済計画の立案を先延ばしにしてしまうかもしれないからです。借り入れに対する甘い認識が原因で、当事者が必ず返済をしなければならないお金であると自覚をしなければなりません。早期に甘い考えを改められれば良いのですが、そうでなければ最終的には親族に迷惑をかけてしまう可能性があります。教育ローンの契約時には、連帯保証人を立てる必要があるからです。もしも教育ローンの債務者が返済困難な状況に陥った場合、即座に連帯保証人の元に返済依頼の連絡が入ります。闇金などの取り立てよりは優しいかとは思いますが、信用情報には必ず傷が付くので、次にお金に困った時にお金借りる審査が通らない!といった失敗をするかもしれませんよ。

国と民間の教育ローンの審査はこんなに違う

教育資金が足りなかったり、国の奨学金が借りられなかった場合、教育ローンで資金作りをと考えると思います。国の教育ローンの場合、一般的なローンよりもやや通りやすくなっています。審査基準は公共料金の遅延等がないこと、過去にクレジットカードやキャッシング等の遅延がないことなどが挙げられます。民間の教育ローンの場合、借りる相手が銀行なので審査は厳しくなっています。民間では一般的に年収300万以上、勤続3年以上、クレジット、キャッシングなどの遅延がないこと、返済比率が30パーセント超えないことが挙げられます。銀行などの金融機関はローンが申し込まれた際に個人信用情報機構に、信用情報の照会を行います。ここで過去に遅延や自己破産などいわゆるブラック情報があると審査に通らなくなります。また近年多いのが携帯やスマホの購入代金や使用料です。これが意外と落とし穴で、料金滞納が三カ月以上続くとブラックに載ってしまうので注意が必要です。